開拓使日誌 明治九年一月 - 開拓使

明治九年一月 開拓使日誌

Add: rucezev61 - Date: 2020-12-11 19:25:34 - Views: 5982 - Clicks: 659

明治四年八月に、府、県、華士族寺院等の北海道における支配地の管理が被免となり、開拓使がすべて管理することとなった。 翌五年九月に「地所規則」「土地売貸規則」を制定し、九年十二月には「北海道地券発行条例」を公布してようやく土地の所有権. 開拓使日誌 6 明治十年一月. 函館市立函館図書館所蔵幕末維新期史料調査・撮影 一九九一年一一月一二日から一五日までの四日間、『幕末外国関係文書』編纂の史料蒐集を目的とし、函館市立函館図書館において、幕末維新期史料の調査と撮影をおこなった。. 開拓使公文録 外務省往復 全 明治九年自一月至十二月 開拓使東京出張所 1875~77(明治8~10) 〔簿書/5913〕 開拓使公文録 外務省往復 一 明治九年従一月至四月 開拓使東京出張所 1875~77(明治8~10) 〔簿書/5644〕. 明治十四年開拓使函館支庁管内御巡幸日誌/開拓使函館支庁編 函館:開拓使残務取扱,明15.6 新規ページで開きます 【も】 最上徳内/加藤隆瑞著 東京:金港堂,明40.3 新規ページで開きます 【や】.

森有礼全集 第2巻. 040 各舎布達簿明治九年一月ヨワ 取締 9 041 開拓使学校生徒表 9~14 042 購求品積書九年従十月 幾校関 9~11 043 往復留明治九年白一月 女学校 9 044 当直日記明治九年一月ヨリ 札幌学校 9 045 各所来状参考書明治九年ヨリ 子教控 9~12. 本科文移録 第一・二期・第三期及第四期合冊 明治十四年一月ヨリ十二月ニ至ル 開拓使札幌本庁煤田開採事務係 1881(明治14) 〔簿書/4695〕 外国人条約書 明治十二年 開拓使札幌本庁煤田開採事務係 1878~81(明治11~14) 〔簿書/3213〕. 明治4年(1871年)2月、角田県知事、大参事は、旧白石藩士の窮状を理解し、開拓使に協議のうえ政府に具申。 3月17日 、 太政官 から 片倉邦憲 家来、角田県に在留していた者600名に対し 北海道移住開拓使貫属 を命じた。. 資料名:稟裁録 下 自明治七年九月至同年十二月/年次:1874(明治7)/請求記号:簿書10713 件名一覧(画像あり) 資料名:稟裁録 自明治八年一月至同年五月/年次:1875(明治8)/請求記号:簿書10725.

〔諸達控 干支月日刻 壬申十月一明治六年一月 たて帳御廻章留 第百二十九区 明治六年四月~六月 たて帳御達書控 明治六年五月廿二日以降 たて帳御回達 八月 たて帳御廻章写 明治六年八月~ 十一月 たて帳. ができよう。これらの書状から、明治初年地域に生きた一知識人の姿を垣間見ること Ⅱ 史料解題 書状①明治九年一月一日付書状 (通番七四〇 吉輔直筆九〇) 書状①は吉武と佐知宛に出されたもので、八十二郎吉武の就職問題に. 開拓使日誌 3 明治七年一月. 明治九年札幌学校に専門科が置かれ、名称も札幌法学校と改められたが、開拓使の機構内における位置づけについ ては特に変化はない。 ただ従来の職制は同年九月に改正され、校長以下の職掌・権践がより具体的に表現されるよう. 明治四年一二月~十年一月まで在任 柳田友郷(権少書記官のちに少書記官) 明治十年二月~十年十二月まで在任 時任為基(権大書記官のちに大書記官) 明治十年十二月~十五年二月開拓使廃止まで在任し、後初代函館県令となる。.

北海道に於ける屯出兵制度の精一脚は、明治三年十一月開拓使から提出した屯間設置案にその源を殻するもので ある。その案といふのは東京府下の士卒族百二十戸を札幌郡内に移住せしめ、常備兵一ケ中除を編成せしめんと. 札農当直日誌/明治七年十月十七日ヨリ 仮学校教授係 1874年 1874年 紙/簿書 札幌農学校簿書 開拓使仮学校 全部公開 札農宿直簿/明治七年一月ヨリ 取締 1874年 1874年 紙/簿書 札幌農学校簿書 開拓使仮学校 全部公開. 3 明治九年一〇月六日 一三日来会承知 4 明治一一年八月九日 三郎以下ノ子女養育掛ニツイテ 5 明治一六年四月一六日 (山県・井上・山田・宍戸宛)小早川三郎相続人ノ件. 開拓使日誌 明治九年一月 - 開拓使 開拓使公文録 外務省往復 全 明治九年自一月至十二月 開拓使東京出張所 1875~77(明治8~10) 〔簿書/5913〕 開拓使公文録 外務省往復 一 明治九年従一月至四月 開拓使東京出張所 1875~77(明治8~10) 〔簿書/5644〕. 明治二五年一〇月創刊。 『新土佐』 明治三六年一二月創刊。新土佐新聞社。日刊。 『新日本』 明治三二年一一月、第五四三号。新日本社。日刊。 『信飛新聞』 明治五年一〇月創刊。明治九年八月(第一六九号)改題。知新社。週刊。 『信飛毎日新聞. 黒田開拓使次官が北海道開拓計画をアメリカに学ぶため伊藤のあとを追って渡米するのは、翌明治四年一月のことである。 伊藤はずっとアメリカに滞在してこの年五月九日帰国している。.

文部省日誌 25 明治十五年十月~十二月 8,800円 東京大学出版会 / 7net; 開拓使日誌 6 明治十年一月. 四年八月には北海道 分領支配ならびに樺太開拓使が廃止され、開拓使の管轄範囲は一挙に増大した。そのため従来の開拓使機構では行政施行上大きな障害をもたらし、その機構改革は不可避となった。ここに五年八月二十八日黒田次官は、「今般更ニ北海. 一七、明治六年-支庁布達々書原稿・甲(抄) 一八、明治六年-会議書類(抄) 一九、明治六年-正院伺届(抄) 二〇、明治六年-公文往復(抄) 【国立公文書館所蔵文書】 二一、明治四年~同六年 太政類典(抄) 二二、明治六年 開拓使日誌(抄). 函館市街地券諸願届留 自明治八年一月至九年一月 開拓使函館支庁会計課租税係 1875~76(明治8~9) 〔簿書/1770〕 函館湊居留外国人貸渡地・家租明細帳 明治八年 開拓使函館支庁会計課租税係 1875~76(明治8~9) 〔簿書/1402〕. 開拓使日誌 3 明治七年一月 8,800円 東京大学出版会 / 7net; 文部省日誌 25 明治十五年十月~十二月. 明治八年十一月(1875)、「交通運輸ノ機関稍々興起スト雖モ独リ海員ニ至リテハ有為ノ材ニ乏シク特ニ国歌ノ有事ノ日我航海権ヲ委棄スルノ患アルヲ以テ之ニ備フルノ必要アリ」と海員養成のため東京に設立されたのが私立三菱商船学校。明治十五年四月、官立の東京商船学校となり、その後. 任解文移録 明治九年一月ヨリ十二年七月迄 開拓使東京出張所記録課履歴係 1876~79(明治9~12) 〔簿書/1920〕 雑書類 壬申 開拓使東京出張所 1871~79(明治4~12) 〔簿書/560〕. 1 電子ブック 開拓使日誌 : 明治2年第1-4号 播磨屋喜右衛門 7 電子ブック 商法會議書記 第二十一号~第四十号 明治八年一月十七日~明治八年九月廿七日.

【tsutaya オンラインショッピング】開拓使日誌 明治九年一月(5)/開拓使 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販. 日本初期新聞全集 : 編年複製版. 明治一七年八月『開花新聞』改題。明治二七年八月『開花新聞』と改題。三益社。日刊。 『開成新聞此花新書』 慶応四年四月創刊。 『開拓使日誌』 明治二年九月創刊。官版。随時。 『開知新聞』 明治九年一〇月一八日創刊。明治一四年四月(第四六五号. 指立状 第四号 午十一月ヨリ未二月十九日迄 開拓使根室出張開拓使庁金穀掛 1869~71(明治2~4) 〔簿書/374〕 樺太開拓使 租税并出納規則改正ニ付達 樺太開拓使 1871(明治4) 〔A 4/187〕.

『開拓使日誌 1~6 明治初期各省日誌集成 明治二年五月~十年一月』 『北海道開拓秘録 第1篇~第3篇』 『岩波講座日本歴史 16 近代3』(朝尾直弘 岩波書店 1976) 『北海道開拓記念館30周年記念誌』(北海道開拓記念館 ). 開拓使之部明治5年1月:開拓使工部省大蔵省留学生関係雑件 件名標題(日本語) 表紙 階層 外務省外交史料館>戦前期外務省記録>6門 人事>. 明治十五年札幌県(三県時代で、開拓使から札幌県、函館県、根室県に分割して統治された)では、札幌と道東地方を結ぶ道路建設ルート探索のため、田内捨六・藤田九三郎に上川(現旭川市方面)から富良野盆地を南下し、空知川に沿って十勝に抜ける. 「明治一四年の政変」とは、教科書的・辞書的に言えば、岩倉具視・伊藤博文らが国会開設の勅諭を渙発し、北海 確立した政変のことです。道開拓使官有物払下げの中止を実施するとともに、大隈重信とその勢力を政府の要職から追放して、薩長藩閥政府を.

/5081-153 /344642 /1280f00fdf13ddd5 /861133-52

開拓使日誌 明治九年一月 - 開拓使

email: xyheq@gmail.com - phone:(786) 207-7894 x 5187

データブックオブザワールド vol.5(1993年版) - 今井一彰 マウスリープ付き

-> サンタのクリスマス - レ-モンド・ブリ
-> AKB48 ユニットのすべて - 服部翔太

開拓使日誌 明治九年一月 - 開拓使 - パスの中の看護過程がひとめでわかる 消化器外科病棟ケア 国立病院機構大阪医療センター看護部


Sitemap 1

伝えるデザイン - 日本サインデザイン協会 - 年に向けたベトナムの発展戦略 坂田正三